リフォーム済み賃貸に住みたい

きれいにリフォームされた賃貸住宅も、室内をよく見てみると、築年数がなんとなく想像出来るかもしれません。

賃貸住宅のリフォーム

賃貸住宅は、新築や、築年数がそれほど経っていない、新しいうちは、家賃も高いものですよね。同じエリアの中でも、やはり新しくて、設備の良い所ほど、家賃は高くなると思います。賃貸住宅の物件情報をたくさん見ていると、古い建物では、だいたい築年数が30年を超えているものも割とよく見かけます。35年くらいまでは、見かけたことがあり、さすがに40年ほどのものは、あまり見かけないように思います。一般的には、マンションでも30年程度経過すると、建て替えがされることが多いようです。ですから、長く住み続けたい人は、あまりに築年数が古いところだと、途中で立ち退き要求が出るかもしれませんので、よく検討するようにしましょう。
尚、築年数が20年くらいから、家賃はかなり格安になってきているように思います。しかし、きれいにリフォームがされている場合は、相場と比べて、特別安くはならないようです。室内がきれいにリフォームされていれば問題ない、と考えがちですが、昔の間取りを、今風にリフォームした場合、どうしても無理が出ていることもあり、例えば、「3LDKの間取りで、ここはリビングのはずなのに、エアコンの穴がない」などです。そういった場合は、昔(間取りのリフォーム前)は、そこはリビングではなかったということが考えられます。昔はLDKスタイルよりも、DKスタイルの方が一般的だったようですので、このようなことは、ありがちなことだと思います。

Copyright (C)2017リフォーム済み賃貸に住みたい.All rights reserved.